Google Crisis Response(Google)
災害に関する情報源や、行方不明者情報の収集と検索を行う『パーソンファインダー』を初めとするツールの提供が行われています。

2010年1月1日 金曜日

iPhone用にモバイル充電器を買いました

Filed under: iPhone
タグ:, , ,
時間:15時51分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

日々バッテリーの持ちが悪くなる iPhone。初期の50%を切れば交換してもらえるとは言え、心配になったのでモバイル充電器を購入しました。Amazon.co.jp での購入時点(2009年12月25日)の価格は2,600円でした。

購入したのは、PROTEK の iWALK という製品の黒。

iPod と iPhone に直接コネクタで接続するタイプで、iPhone または iPod touch とほぼ同じ幅になっています。なので、touch 以外の iPod だと不恰好になるかもしれません。

商品パッケージはブリスターで、ふちを切らなくても開けられます。これはちょっとうれしい。切るのは大変ですし、切ってしまうと固定しないと閉まりません。私は付属品一式をまとめるために捨てないことが多いので。

パッケージには、次のものが入っています。

  • 本体
  • 長さ1m 弱の mini USBケーブル(黒)
  • 簡易マニュアル
  • 保証書(6ヶ月)

本体は手の中にすっぽり納まるくらい小さく、携帯するのに便利です。エネループと違って自然に放電が進んでしまうため、使用開始前には充電が必要です。マニュアルには60日に1回はするようにと書かれています。

充電はパソコンもしくは別売りの USB AC アダプターで行います。付属のケーブルで接続して、本体にあるLEDランプが青く点灯するまで待ちます。満充電までは2時間だそうです。

iPhone または iPod を充電する場合は、本体からケーブルをはずした状態で行います。本体前中央のくぼみに爪をかけて上側のカバーをはずすと専用のコネクタがありますので、それを iPhone などのコネクタに接続します。サイズも小さいので、充電したまま使うこともできます。

なお、カバー側にはストラップがついていますが、これの扱いはよくわかりません。
メーカーのサイトにある説明によると、iPhone やカバンにつけて持ち歩くためのようですが、iPhone にぶら下げておくには iPhone 側にストラップをつける場所がありませんし、つけることができたとしても何かの拍子にふたが外れれば落としてしまいます。軽く引っかかっているだけなので、そんなにしっかりしたものではないです。私はストラップを無視してポケットに放り込んでます。

値段もそんなに高いものではないので、念のため持っておきたいという方にはちょうどいいのではないでしょうか。大きくてもいいからしっかり充電できるものがいいとか、たまにしか使わなくて定期的に充電しておくのは面倒という方には、エネループシリーズのもののほうがいいかもしれません。

私もエネループシリーズのほうにしようかと思っていましたが、使用頻度とすでに2年目であることなどから、値段の安い iWALK になりました。

モバイル充電器は種類が多いので、購入するときには結構悩みます。充電用に使えるのケーブルがあってiPhone や iPod 以外にも充電したいものがある場合は、エネループシリーズのほうが汎用性があってお勧めです。私は iPhone が充電できればよかったので iWALK にしました。

みなさんも購入するときにはよく検討してみてください。

Comments (0)

HTML convert time: 1.910 sec. Powered by

Images is enhanced with WordPress Lightbox JS by Zeo