Google Crisis Response(Google)
災害に関する情報源や、行方不明者情報の収集と検索を行う『パーソンファインダー』を初めとするツールの提供が行われています。

2014年4月19日 土曜日

スギ・ヒノキ花粉症患者の春

Filed under: 雑学
タグ:,
時間:17時37分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

春です。出会いと別れの季節、変化の季節などと言われます。寒さも和らぎ、暖かくなって非常に過ごしやすいと言われる時期です。ある特定の人を除けば・・・。

私はその特定の人である花粉患者です。初めて症状が出たのは20年ほど前。それ以来、ずっと春はつらい季節となりました。

以下は、すべて私の個人的意見に基づきます。内容についての正確性は保証しかねますので、医療情報を求める方は専門家にご相談ください。

症状

人によって違いはありますが、花粉症の症状としては次のようなものがあります。

  • 立て続けのくしゃみ
  • 慢性的な鼻づまり
  • 水のように粘性の低い鼻水
  • 目のかゆみ
  • 副次的に集中力の低下や睡眠不足

このような症状が、スギ花粉の場合は早ければ2月後半から4月まで、ヒノキ花粉の場合は4月から5月まで続きます。スギ花粉に反応する人の多くはヒノキ花粉にも反応するため、2月から5月までの3ヶ月ほど続くことになります。

症状を抑えるための市販薬もありますが、古い世代の抗ヒスタミン系薬は強い眠気や鼻と口の乾燥という副作用があり、これもまたつらいものです。(新しい世代のものは副作用が少ないものの、第一類であったり値段が高い)

日常

症状が出る期間、可能な限り花粉との接触を避けることが重視されます。帰宅する際には玄関前で服を叩き、洗濯物を取り込む際も同様に。

窓を開けるなどもってのほか。換気は毒物を取り込むに等しい行為です。ここ数年は春であっても気温が25度を超えることが多くなり、締め切った部屋であれば28度ほどになることも。窓を開けて涼しい外気を取り入れたくなるのですが、薄着や扇風機などで対処することになります。

症状が無くて花粉症患者と同居している方、どうかご協力を。

社会的扱い

花粉症は微熱程度の風邪と同じ扱いをされているのが現状です。期間が長いこともあり、残念ながら休みをもらう理由として認められることはありません。

重症の場合は集中力が落ち、ミスが発生しやすくなります。非常に危険な機械操作や運転などを行う職種では、休める正当な理由として認められると良いですね。根治療法、せめて副作用の少ない対処療法が早く開発されることを強く希望する日々です。

終わりに

スギ・ヒノキ花粉の時期はまだ1ヶ月ほど続きます。この記事をお読みの患者の方、がんばって何とか乗り切りましょう。ブタクサ・イネ科など、ほかの植物の花粉に反応が出る方はこれからですね。市販薬で乗り切ろうという方は、少し早めに飲み始めると効果的です。

患者ではない方、無理のない範囲でかまいませんので、出来るだけご協力ください。今は平気かもしれませんが、将来患者となる可能性もあるのです。そのときご自身が楽になるためと思って、花粉症患者に優しい雰囲気作りをしていただけたら幸いです。

Comments (0)

2014年2月16日 日曜日

無線インターネットとSF

Filed under: 雑多
タグ:, , ,
時間:16時53分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

昔はインターネットを利用するためにケーブルが必須でしたが、ここ数年はいわゆるWi-Fiの普及が進んだことで無線で利用する環境が整ってきました。

このWi-Fiには複数の規格があり、新しい規格が出るたびに通信速度の上限が更新されています。現在普及している規格としては次の4つがあります。

規格名最大通信速度(理論値)
IEEE 802.11a54Mbps
IEEE 802.11b22Mbps
IEEE 802.11g54Mbps
IEEE 802.11n600Mbps

さらに、先月の1月7日に規格内容が確定したIEEE802.11acは6.9Gbps(理論値)となります。一般的に普及している有線LANの理論値が1Gbpsですから、個人的にはすべて無線にしてしまうことを考え始める段階にきていると思っています。速度はまだ1Gbps前後までしか出ませんが、すでに対応した製品も複数販売されています。

タブレットが普及し、音声での操作も普及し、量子コンピューターの研究も日々進められています。21世紀になってもあまり代わり映えしなかった世の中ですが、SFの世界の片鱗が見え始めたような気がしませんか?

私にとってのSFのイメージはスタートレックシリーズです。2009年と2013年にJ・J・エイブラムス監督による映画が2作公開されましたが、元々はアメリカの1966年から放映が始まったドラマシリーズです。その影響力は大きく、日本で言えばアトムのような存在でしょうか。

世界観を構成する基礎部分は1960年代に考え出されましたが、その中には現在実現しているものがいくつかあります。

手のひらサイズの無線機(携帯電話)
コンピューターを介した情報収集(インターネット検索)
音声によるコンピューターの操作(Siri・しゃべってコンシェル)
小型の情報端末(タブレット)

技術の発展によって得られる新しい世界を見てみたいものです。

Comments (0)

2013年12月30日 月曜日

生存報告と総括

Filed under: WordPress,自作パソコン,雑多,電子書籍
タグ:, , , , , ,
時間:15時05分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

前回から随分と間が空いてしまいましたが、無事生きています。更新停滞の理由と、前回からの間の総括を書いてみたいと思います。

投稿停滞の理由

1記事を仕上げるまでは少なくとも1時間弱、写真加工もあるもののような長い記事ですと数日かけていたのですが、ある時を境にじっくりと仕上げることが辛いと感じるようになってしまいました。

以前であれば簡略化した記事だけ投稿する事になったと思いますが、現在は Twitter という便利なものがあります。ちょっとした思いつきのようなことは全てそちらで済ませてしまっています。

また、時々投稿していた『読書中』カテゴリーの記事はあまり続くのは良くないと思い、投稿するのは避けています。ちなみに、読書量は減っていません。後述しますが、むしろ電子書籍を購入するようになったために増えています。

総括

最後に投稿したのが今年の2月。それからいろいろありました。

新パソコン

パソコンを新しく1台組みました。AMD の A10-5700 を使用したもので、始めての 64bit OS となりました。

CPU内蔵グラフィックを生かすためにメモリもオーバークロック物の16GBとしましたが、思ったよりは性能が高くはなかったため、結局はビデオカード(AMD の Radeon HD 7750)を追加することになりました。

タブレット購入

中古ですが、Nexus 7 (2012)を購入しました。CPUもメモリも解像度も『LuvPad AD701』から格段にアップし、非常に快適となりました。Nexus 7 はGoogle純正(製造はASUS)ということもあり、Android はその後アップデートすることが可能です。現時点では、最新である4.4(KitKat)まで対応しています。

電子書籍

電子書籍を本格的に購入するようになりました。

店舗はBOOK☆WALKERを選択。BOOK☆WALKERは角川グループですが、講談社集英社早川書房などのグループ外の出版社が発行している書籍も取り扱っています。

気になりつつも置く場所が制限されているために諦めていた書籍を購入するようになり、現時点で300冊弱となります。最近は紙の書籍からあまり期間を空けずに電子版が発売されるようになり、割引キャンペーンやポイントキャッシュバックなどもあり、紙の書籍を購入することは少なくなりました。

WordBenchしずおか

WordPressイベント、第3回 WordBenchしずおかに参加してきました。前半が大曲さんを初めとした業界の有名な方々によるセッション後半が懇親会で、非常に充実した1日となりました。

尿路結石

尿路結石を発症しました。実は2回目で、1回目よりも短期間ではあったものの痛みは激しく、同じ鎮痛剤(ボルタレンサポ)を使用しても収まりませんでした。

1回目は何度か軽い(相対的な話で、楽と言う意味ではありません)症状が続いた上に最も多いと言われる夏の早朝でしたが、今回は秋に入ってからの真昼に突然の発症でした。

尿路結石は直接死に繋がるような病気ではありませんが、人間が感じる中では最も強い痛みを生じるとされています(『痛みの王様』と言われます)。兆候を認識していることで心構えができることもありますので、出来るだけ具体的な情報を交えた記事を改めて書いてみたいと思います。

今後の更新とまとめ

少なくとも現時点で更新停止は予定していません。間隔が長くなることはあるかもしれませんが、少しずつでも投稿を続けます。もちろん閉鎖はしません。

2013年も、もう少しで残り8時間となります。

自然災害の多発・電子書籍の普及・円相場の改善・ねじれ国会の解消・新しい島の誕生(12月25日に西之島と陸続きに)など、いろいろなことがおきた1年でした。

このブログが今後も誰かの疑問や悩みを解決する手助けになること。2014年が今年よりも良い年になること。この2つを願いつつ、今年最後の投稿となります。

皆さんの今年が無事に終わり、平和な年明けを迎えられますように。

Comments (0)

2013年2月9日 土曜日

『天冥の標Ⅵ 宿怨 PART1~3』

Filed under: 読書中
タグ:, ,
時間:17時25分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録



『天冥の標6 宿怨』は3冊に分冊され、完結編のPART3が先月発売となりました。現在PART1を読書中。

このシリーズは1巻で遠未来の話を描き、2巻から近未来をスタートとして歴史を描き続けています。6巻ではそれまでの積み重ねが大きく動いた印象を持ちました。固有名詞もそれまでに登場したものが多くありますし、この出来事はあの延長線上にあるのかといった描写も多々あります。

巻末には歴史年表やキーワードの解説があり、後半への転換期を感じさせます。3冊合わせて本編が約1,200ページ。楽しい時間となることでしょう。

Comments (0)

2013年2月1日 金曜日

歩車分離式交差点と自転車

Filed under: 雑学
タグ:, , ,
時間:16時31分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

最近、歩車分離式の交差点が増えてきました。歩車とは、歩行者と車両を指します。つまり、歩行者と車両の渡るタイミングをずらしたのが歩車分離式です。

では、どちらの信号機に従えばいいのでしょうか。
歩行者と自動車は簡単ですね。今までと同じ信号機を基準にすればいいのです。

では、自転車はどうでしょうか。

道路交通法では、自転車は軽車両に分類されています。つまり、自転車は車両なのです。運転免許を持っている方には常識ですが、そうでない方の中にはご存知ではない方もいらっしゃるかもしれません。

この事を踏まえて考えれば、どちらの信号機を基準にするべきなのは明白。車両なのですから、原則として車両用の信号を基準にします。

ただし、自転車の場合は2つの例外があります。

1つは標識によるもの。歩行者用信号機の横に、『歩行車 自転車 専用』と書かれた白い標識が付いていることがあります。

信号機 - 歩行者・自転車専用

信号機 - 歩行者・自転車専用

その場合は、車両用ではなく歩行者用の信号機に従います。原則として自転車は車道の端を通行するため、見えにくいところにある可能性があることに注意が必要です。

もう1つの例外は、通行している場所によるもの。通行する場所の例外として、自転車専用道路や歩道を通行することが出来る場合があります。また、自転車用横断帯がある場合はその中を通行します。信号機は対面しているものに従うとあるため、前述のような車道以外を通行する場合は歩行者用信号機に従うことになります。

自転車と言う小学生に入るころから慣れ親しんだ身近な乗り物ですが、改めて法規を確認してみると思ったよりも複雑なことになっています。信号機に限っただけでもこのように例外だらけ。

歩車分離式の交差点では、歩行者用の信号機を見て渡ってしまったり、逆に車両用信号機が青でもそのまま待っている方を多く見かけます。新しく出来たところには看板を立てるなど、何らかの対策が必要なのかもしれません。

Comments (0)

2013年1月23日 水曜日

『ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ悪魔 上下』

Filed under: 読書中
タグ:, ,
時間:23時47分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録


京極夏彦氏によるSF小説です。単行本・新書・文庫・電子書籍の4形態で同時に発売されましたが、私が購入したのは文庫版。

タイトルに「2」とあるように、『ルー=ガルー 忌避すべき狼』の3ヵ月後を描く続編となっています。前作は7年近く前に読んでいますが、そのブロックのような塊に購入を躊躇したことを今でも覚えています。

筆者は京極堂シリーズが有名ですが、ルー=ガルーシリーズに妖怪の話は出てきません。ルー=ガルーは狼人間でインクブスとスクブスは夢魔ですが、具体的に描写されることはありません。推理小説でもありません。誤解を恐れずにあえて言えば、14歳の少女たちによる冒険小説でしょうか。時代は近未来。

読み始めてしまうと止まらず、すでに全体の3割以上まで終えてしまいました。少々寝不足気味です。どのような結論になるのか楽しみなものです。

Comments (2)

2013年1月12日 土曜日

『天冥の標Ⅴ 羊と猿と百掬の銀河』

Filed under: 読書中
タグ:, ,
時間:16時39分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

全10巻となるシリーズの5巻目。各巻によってテーマが異なるのですが、この巻は農業とノルルスカインの過去が交互に進みます。

サブタイトルは『羊と猿と百掬の銀河』。羊と猿は前巻までを読んでいれば「あれか」と思いつけるのですが、百掬ひゃっきくについては不明です。単語の意味としては多くをすくい上げると言うような意味合いですので、大きな危機に対して何かが行われると言うことでしょうか。

農業の章も興味深いのですが、個人的にはノルルスカインの章のほうが楽しんでいます。キャラクターとして気に入っています。

さて、次の『天冥の標Ⅵ 宿怨』も発行済みなのですが、PART1・PART2となり続き物になっています。早川書房のツイッターによると今月25日に発行されるPART3で完結のようですので、それまでは積ん読と言うことに。

Comments (0)

2013年1月5日 土曜日

マウスコンピューター LuvPad AD701 本体レポート

Filed under: ハードウェア
タグ:, , , ,
時間:16時20分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

新年明けましておめでとうございます。このブログも、ついに今年で10年を迎えることに。更新が頻繁に止まるようなのんびりしたブログですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

さて、2013年の1記事目は、マウスコンピューターの7インチ Android タブレット「LuvPad AD701」の本体レポートです。梱包品などについては、昨年の開封レポートをご覧ください。

スペック

ある程度のスペックについては公式情報が出ていますので、もう少し突っ込んだところに限定して書いてみようと思います。

液晶

7インチのTFT液晶です。解像度は800×480(約133ppi)。目視でドットが見える程度ですので、お世辞にも高解像度とは言えません。たまにバックライトがちらついて見えることがあります。あまり良いものではなさそうです。

下記写真はAndroidアプリ「BOOK☆WALKER」のアイコンをアップで撮影したもの。(リンク先は1,392×1,748 1,297KB)
液晶と言うよりも、刺繍のように見えます。下の目盛りは0.5mm 刻み。

液晶のアップ LuvPad AD701

液晶のアップ LuvPad AD701

下記はiPhone4版アプリのアップ。流石は326ppiです。(リンク先は1,546×1,816 796KB)

液晶のアップ iPhone4

液晶のアップ iPhone4

タッチパネル

iPhone で使われている静電気誘導ではなく、圧力に反応する感圧式と思われます。布越しやプラスチックなどでも反応しました。

ストレージ

内臓ストレージが8GBとなっていますが、正確には0.96GBと5.97GBの2つに分かれています。1GB強が行方不明です。初期の空き容量は忘れてしまいました。

プリインストールされているファイルマネージャーで見ると、/mnt/sdcard にマウントされたストレージがあるようです。SDカードを模したと思われるアイコンの場合は /mnt/extsd で別のパスですので、内臓ストレージとしてSDカードを使っているのかもしれません。

OS

公式情報は4.0ですが、システム情報によると4.03です。
カーネルバージョン:3.0.8+ zhang@android #114
ビルド番号:crance_hractp-eng 4.0.3 IML74K 20120809 test-key

ビルド番号の「eng」から、開発版として動作するものであることがわかります。これはRoot化されており、デバッグのための機能も含んでいることを意味します。

その他

基準方向

横長になる状態が標準の向きのようです。裏側のシールもそのようになっています。後述する発熱のこともあって縦長になる向きで固定して使いたかったので、「画面回転制御」というアプリを使用しています。

発熱

スイッチやコネクタのある付近が発熱します。横長になるように持つと右手が常に触れていることになり、暑い時期はかなり気になりました。縦長になるように持つことでこの問題は解決しました。

マーケット

初期状態では Tapnow しかホームにショートカットがありませんが、Google Play ストアもインストールされています。

まとめ

安い・Playストア対応・国内サポート付きということで、初めてのAndroidタブレットとして比較的薦められます。

初めからRoot化状態なので、いろいろいじってみたいと言う方にもいいですね。裏を返せば、侵入されると何でも出来てしまうということですので、セキュリティには十分な注意が必要です。野良 Wi-Fi には繋げないようにしましょう。

小説しか読まないのであれば、文字が綺麗でないことを除けば読書用端末としても一応使えます。長手方向のサイズは、一般的な文庫本よりも4mm ほど大きくなります。本体の容量はあまりありませんが、最大32GBまでのマイクロSDカードが使えますのである程度までは大丈夫でしょう。手持ちのSDカードリーダー(GREEN HOUSE の GH-CRSDHC)をUSBコネクタに指して認識することも確認できています。

コミックや図の多い書籍を読むことが多い場合は、解像度の点で厳しいと思われます。小さな文字がつぶれてしまうので、読み取るために拡大しなくてはなりません。絵の良さも活かしきれないでしょう。mini HDMI コネクタからモニタに繋げれば1920×1080での出力が可能ですが、ポータブル性は失われてしまいます。このあたりは慣れと好みの問題ですね。

Comments (0)

2012年12月22日 土曜日

『ブレイドライン5・6 アーシア剣聖記』

Filed under: 読書中,電子書籍
タグ:, , , , ,
時間:17時42分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録


ブレードライン』の5巻と6巻をまとめて。積ん読状態のため、5巻を読み始める前に6巻が出てしまいました。

5巻では、4巻で妖精族に連れ去られたセラ(主人公ヒエンの母親)を助けるための活動がメイン。妖精族はセラを人質として、精霊樹の実を奪って持って来いと言う指示をします。

6巻でシリーズ完結となります。6月に『魔法戦士リウイ』が完結したのに続き、筆者のシリーズがまた1つ完結しました。

現在全巻が電子書籍版でも販売されています。場所を占領されることで躊躇していた方は、これを機会にぜひ。角川の BOOK☆WALKERAmazon.co.jp の Kindle で確認できています。

来年には、1巻から電子書籍版が同時発売となるシリーズも出てくるかもしれませんね。

Comments (0)

2012年11月16日 金曜日

マウスコンピューター LuvPad AD701 開封レポート2/2

Filed under: ハードウェア
タグ:, , , ,
時間:20時37分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

マウスコンピューターの格安7インチタブレット、LuvPad AD701 の開封レポート後半です。前半では中身を取り出しましたので、今度はそれぞれに注目したいと思います。

マニュアル

クイックガイド

クイックガイド

まずお世話になるクイックガイド。これが日本語になっていないと困ってしまいますが、その心配はまったくありません。日本国内で作られたようです。

サポートマニュアル(表紙)

サポートマニュアル(表紙)

サポートマニュアル(目次)

サポートマニュアル(目次)

サポートマニュアル(本文)

サポートマニュアル(本文)

こちらはサポートマニュアル。同じく完全に日本語版です。後ろのほうにはマウスコンピューターのサポート情報も記載されています。

保証書

保証書

保証書

購入日などの記載がありませんが、購入店で発行されたものを貼り付けるので大丈夫です。保証は1年間。

本体

カバー付きタブレット本体(表側)

カバー付きタブレット本体(表側)

カバー付きタブレット本体(裏側)

カバー付きタブレット本体(裏側)

カバーは単なる布袋です。クッション性はまったくありません。

タブレット本体(表側)

タブレット本体(表側)

タブレット本体(裏側)

タブレット本体(裏側)

カバーをはずせばこのような感じに。
両面に透明な保護シートが張られています。

本体裏のシール

本体裏のシール

裏側の右下には製造番号を記載したシールが張られています。

このシールですが、製造番号の印刷はむき出しの状態です。ちょうど指が当たる位置のためか、今ではすっかり消えてしまいました。光の加減によってはまったく読み取れません。見た目を気にしないのであれば、早い段階で保護しておくことをお勧めします。

物理キー

物理キー

右上には物理キーとマイク端子。音量スイッチはなく、戻るボタンと設定ボタンがありますがほとんど使っていません。

コネクタ類

コネクタ類

右側にはコネクタ類。マイクロSDスロットもここにあります。

その他

USBケーブル

USBケーブル

イヤホン

イヤホン

ACアダプター

ACアダプター

次回はレビューの予定です。スペックなどの情報はすでに多く公開されていますので、実物を触ってみないとわからないことを中心にしたいと思います。

Comments (1)
Page 1 of 5512345...102030...Last »

HTML convert time: 1.068 sec. Powered by

Images is enhanced with WordPress Lightbox JS by Zeo