Google Crisis Response(Google)
災害に関する情報源や、行方不明者情報の収集と検索を行う『パーソンファインダー』を初めとするツールの提供が行われています。

2005年11月2日 水曜日

VNC 導入覚書(前編) – インストールから一般的なログインまで

Filed under: FreeBSD
時間:0時22分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

 リモートホストにアクセスできる VNC を導入しました。問題は残っていますが、Windows から普通に利用できるところまで来たので、覚書を残しておきます。

導入環境:FreeBSD 5.4-RELEASE
導入バージョン:4.1.1
導入方法:Ports(Portupgrade を使用)

インストールからログイン

 インストールは、root で portinstall net/vnc です。エラーが出なければこれでおしまい。
早速サーバーを起動してみましょう。起動するユーザーは、VNC でログインしたいユーザーです

$ vncserver

 1回目の起動のときには、ログイン用のパスワードを訊かれます。このパスワードは保存されますので、2回目からは訊かれません。

 サーバーが起動したときに、次のようなメッセージが表示されます。

New 'example.foo.bar:1 (root)' desktop is example.foo.bar:1

Starting applications specified in /root/.vnc/xstartupLog file is /root/.vnc/example.foo.bar:1.log

 リモートからは、example.foo.bar:1 にアクセスします。example.foo.bar がホストのアドレスで、1 がディスプレイ番号です。接続する側(一般にはクライアントですが、VNCではビューアと呼ばれます)では、これをそのまま指定してやります。
ビューアのスクリーンショット(アクセス先を入力したところ) GIF89a形式 3.67KB

パスワードを入力して認証されれば、そのままログインとなります。
ビューアのスクリーンショット(パスワードを入力したところ) GIF89a形式 3.16KB

 ログインしたときの環境は、~/.vnc/xstartup によって決まります。標準では、ウィンドウマネージャーは twm です。
ビューアのスクリーンショット(繝繝Cン後) GIF89a形式 4.18KB

 ビューアは終了すれば閉じますが、実はサーバー側では状態がそのままになっています。もう1度ビューアで接続すると同じ状態になります。そのままだと資源の無駄ですし、セキュリティの問題もあります。root でサーバーが起動しっぱなしなんて、恐ろしいことになっているかもしれません。もし誰かがログイン出来てしまったら(もちろんパスワードは必要ですが)、自由にいじりたい放題です。
 安全のためにも、作業が終わったらサーバーは終了させましょう。コマンドは、vncserver -kill :ディスプレー番号です。ディスプレー番号の前のコロン(:)とスペースをお忘れなく。

後編へ続く

 さて、ここまでの方法でも便利ですが、ログインからログアウトまでの作業が煩雑で面倒です。
 後編では、もっと使い勝手を浴する方法を解説します。手間はかかりますが、やってみる価値は十分あると思います。

関連リンク

RealVNC
 本家開発元。
VNCのページ
 古いですが、日本語での詳しい解説があります。Google でトップに来ます。
ゼロ円でできるXサーバ WindowsでLinuxをリモート操作・前編(1/3)@IT – アットマーク・アイティ
 Linux向けですが、図や写真入で詳しく解説されています。
参考になりましたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
by WP-PostRatings
Loading ... Loading ...

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

HTML convert time: 0.211 sec. Powered by

Images is enhanced with WordPress Lightbox JS by Zeo