Google Crisis Response(Google)
災害に関する情報源や、行方不明者情報の収集と検索を行う『パーソンファインダー』を初めとするツールの提供が行われています。

2006年12月9日 土曜日

ノートンインターネットセキュリティー2007 計測レポート

Filed under: コンピューター,ソフトウェア
時間:0時13分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

 皆さんはセキュリティソフトは導入していますか?不確定情報で申し訳ないですが、8割くらいの人は何らかのソフトを使用しているとか。もっとも、ちゃんと更新しているかどうかはわからないですけどね。
 私が使用しているのは、シマンテックのノートンインターネットセキュリティシリーズです。以前はトレンドマイクロのウィルスバスターを使用していましたが、2001から乗り換えました。当時、ウィルスバスターはファイヤーウォールの細かい設定ができなかったのです。その点、ノートンインターネットセキュリティはソフトごとに設定が可能でした。

 そのノートンインターネットセキュリティですが、更新期間中は最新バージョンにアップデートできるようになりました。現時点で購入した最新バージョンが2006。店頭などで売られているのは2007です。2007はあまり使用されていない機能を削ることで軽くなったということなので、2週間の様子見ののちに試してみることにしました。

 アップデートはオンラインで行います。専用のページでチェックを受け、可能と判断されるとアップデート作業の流れに入ります。通常のインストールはいつも長いと感じていましたが、比較的短時間で終わりました。アマゾンのレビューにも、「インストールは簡単で結構ノートンにしては速かったです。」とあります。
 なお、削られた機能については Norton Internet Security 2007 Add-on Pack のページをご覧ください。導入すると重くなるそうなのでご注意。私は使わなかったりなくても困らない機能だったので導入していません。

 さて、早速どれだけ軽くなったか調べてみました。大まかなPCスペックは次のとおり。

CPU:Athlon64 3000+
メモリ:DDR 3200 2GB(512MB×4)
グラフィック:GeForce6600(メモリ 128MB)
HDD:IDE 80GB 5400rpm 2MBキャッシュ
OS:WindowsXP home SP2 日本語版

 値は、5回計測して4~5回目の平均を取ったものです。再起動時間はHDDアクセスランプが5秒以上点灯しなくなるまでの時間。そのほかはタスクマネージャーのパフォーマンスタブのものです。

  2006 2007
再起動時間 2分12秒 1分38秒
プロセス数 40 35
PF使用量 251.75MB 228.75MB
スレッド 503 467

 どの項目も良くなっています。再起動時間は体感で短くなっていることがわかりました。HDDが7,200rpmだったらもっと早くなるのかもしれません。

 なお、2006を導入したときのものも載せておきます。環境が変わっているので参考値としてみてください。計測方法は、再起動時間が起動時間になっている以外は同じです。

  インストールなし 2005 2006
起動時間 1分11秒 2分30秒 1分35秒
プロセス数 30 36 39
PF使用量 151MB 223.5MB 239MB
スレッド 325 444 488
参考になりましたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
by WP-PostRatings
Loading ... Loading ...

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

HTML convert time: 2.197 sec. Powered by

Images is enhanced with WordPress Lightbox JS by Zeo