Google Crisis Response(Google)
災害に関する情報源や、行方不明者情報の収集と検索を行う『パーソンファインダー』を初めとするツールの提供が行われています。

2007年2月22日 木曜日

FreeBSD 6.x のロケールファイルは 5.x と違うらしい

Filed under: FreeBSD
時間:23時13分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

 FreeBSD をアップグレードしてしばらく経ちますが、ある Perl ライブラリがバージョンアップできなくて悩んでました。ロケールが設定されてないとか何とか。環境変数を設定しなおしても同じメッセージが。

 エラーメッセージを検索してみたりしているうちに、ロケールファイルというものがあるらしいという情報が。「FreeBSD ロケールファイル」で検索してみると、確かにあるようです。ロケールが名前になっているディレクトリがたくさんあり、その中にもなにやらファイルが。どうやらこれのことのようです。

 で、さらに検索結果を眺めていると、6.0 からはロケールファイルのフォーマットが変わっているという情報が。6.0 以前の環境でコンパイルしたプログラムは、このせいでうまく動作しないとか。問題のライブラリは Perl スクリプトでコンパイルするようです。そして、インストールされている Perl は FreeBSD をアップグレードする前に Ports からインストールしたものです。 perl -v で同じメッセージも出ます。

 というわけで、Perl の再インストールをしてみました。perl -v でエラーメッセージが出なくなりました。

参考になりましたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
by WP-PostRatings
Loading ... Loading ...

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

HTML convert time: 0.347 sec. Powered by

Images is enhanced with WordPress Lightbox JS by Zeo