Google Crisis Response(Google)
災害に関する情報源や、行方不明者情報の収集と検索を行う『パーソンファインダー』を初めとするツールの提供が行われています。

2007年5月12日 土曜日

パソコンの第2の人生

Filed under: コンピューター,ハードウェア
時間:17時55分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

 現役を過ぎて引退した後を、第2の人生と言ったりします。先ほど、我が家のパソコンが第2の人生の一歩を踏み出しました。

 私がパソコンを持つようになってから約13年。使用してきたパソコンは5台を超えました。
 一番古いものはもちろん、それ以外にも現役を引退したパソコンがあります。そういったパソコンはメインで使われることなく、私が作業をしているときに家族の誰かがちょっと使うくらいに。
 さらに古いものは単なる場所をとるだけとなってしまうのが現状です。中古PCショップに売っても千円行けばいいほう。下手をすると1銭にもならない始末。ゴミとして出せば逆に数千円払わなくてはなりません。

 そんな古いパソコンたちにも行き場がありました。それが、障害者施設や教育団体への提供です。

 昔よりは安くなったとはいえ、パソコンはまだまだ高いものです。古くなったからといっておいそれと買い換えるわけには行かず、とてつもなく古いものを仕方なしに使い続けているところがあります。そういったところへパソコンの提供とサポートを行っているNPC(非営利団体)がいくつかあり、今回その中のリサイクルサポートウェブに2台提供ことにしました。さきほど発送したところです。

 今回提供させていただいたのは、ODP により CPU を K6-2 の400MHz にした PC-9821Ct16/F と、K6-3 400MHz を搭載した自作DOS/V機。こんな古いものはさすがに無理だろうと思っていましたが、問い合わせてみると需要はあるとのこと。CPUクロックが2桁MHzのものを使用しているところもあるようです。

 リサイクル料金後払いのパソコンは全国にたくさんあると思います。その料金は結構高く、捨てられずにしまいこまれているものも多いことでしょう。ネットオークションに出すのも1つの手段ですが、無償提供という方法も検討してみてはいかがでしょうか。

データ消去について

 提供するに当たってデータの消去を行いました。ちょっと手間はかかりますが、個人情報や機密情報漏洩防止のためにも、専用ツールによる消去をお忘れなく。無料で使用できるものを紹介しておきます。

DESTROY
DOS/V機用です。
wipe-out(98)
DOS/V機用のものを、PC-9821で使用できるように移植したものです。日本語メッセージものもあります。
参考になりましたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
by WP-PostRatings
Loading ... Loading ...

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

HTML convert time: 0.288 sec. Powered by

Images is enhanced with WordPress Lightbox JS by Zeo