Google Crisis Response(Google)
災害に関する情報源や、行方不明者情報の収集と検索を行う『パーソンファインダー』を初めとするツールの提供が行われています。

2007年10月5日 金曜日

IE7 日本語版が誤って自動更新対象に

Filed under: 雑多
時間:23時35分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

 Internet Explorer 7 for WindowsXP(以降、IE7 と表記)の日本語版は2008年以降に重要な更新とされることが発表されています。重要な更新となるとタスクトレイで通知されたり、設定によってはユーザーの操作なしにインストールされます。

 今朝タスクトレイに通知が出ていておかしいなとは思っていたのですが、どうやらマイクロソフトによる誤操作だったようです。

予定より早いIE7の自動更新通知

 Windows Server Update Services でも同様の現象がおきたようです。社内システムがウェブベースでIE7に対応していないこともあるわけで、業務ができない状況となったところもあるかもしれません。

 今回マイクロソフトのミスによって多くの Windows XP に IE7 がインストールされたことでしょう。IE6 がぎりぎりまともに使えるスペックのパソコンの場合はアンインストールとなる可能性が高いですが、余裕がある場合はかえってバージョンアップのきっかけになることも考えられます。

 怖いのはパソコンに詳しくないユーザーです。IE7 ではメニューバーが標準では表示されないなどの大きな変更があり、知らないうちに更新されてしまったことによる混乱が予想されます。企業のサポートセンター窓口・社内ヘルプデスクなどでは覚悟が必要かもしれません。こんな問い合わせがくるかも・・・。

 「IEのメニューが消えてしまったんですが。どうすれば戻せますか?」
 「お宅で作ってもらってるホームページがぐちゃぐちゃになってる。早く直せ。」
 「イントラネットシステムが動作しなくなりました。調査をお願いしたいのですが。」

 凶と出るか吉と出るか。果たして、どちらになるのでしょうか。

参考になりましたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
by WP-PostRatings
Loading ... Loading ...

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

HTML convert time: 0.259 sec. Powered by

Images is enhanced with WordPress Lightbox JS by Zeo