Google Crisis Response(Google)
災害に関する情報源や、行方不明者情報の収集と検索を行う『パーソンファインダー』を初めとするツールの提供が行われています。

2008年4月12日 土曜日

AmazonLink 次期バージョンをテスト中

Filed under: AmazonLink,WordPress
時間:15時46分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

 WordPress 用 Amazon.co.jp アソシエイト支援プラグインの AmazonLink 次期バージョンの開発をしています。このブログでも動作させています。

 開発中ということで、表示が崩れたりサイト自体が表示できないことがあるかもしれません。その場合はすぐ変更を戻したり、最悪でもプラグインをはずすことで対応しますので、しばらくすれば表示されるようになると思います。

 次期バージョンの目標は、アソシエイト広告の表示フォーマットをある程度自由に出来ること。

 現在のバージョンでは Amazon.co.jp の個別商品リンクを表示するようになっているため、自由自在にデザインを変えるということは出来ません。実際に使ってくださっていても、その点が不満であるという方が多いようです。私自身不満だったりします。

 管理画面で検索する機能を実装したことで、Amazon Associates Web Service(旧 Amazon E-Commerce Service)の使い方もかなりわかりました。データの取得に関しては大体出来ていますので、表示の仕方を煮詰めていこうと思います。今のところ、管理画面でテンプレートを入力してもらい、それを使って表示するデータを作る予定です。

 テンプレートは、多分こんな感じ。

  1. <a href="_DETAIL_PAGE_URL_">_TITLE_</a><br />
  2. <a href="_DETAIL_PAGE_URL_"><img src="_IMG_MIDDLE_URL_" width="_IMG_MIDDLE_WIDTH_" height="_IMG_MIDDLE_HEIGHT_" /></a>

 誰でも出来るというものではなくなってしまっていますが、個別商品リンクを使った方法も残していけばいいかなと思っています。また、いろんな人がテンプレートを公開してくれて、自分では作れないような人はそれを使ってもらうというような、コミュニティーの広がりが出来たらうれしいですね。

 バージョンナンバーですが、1.0を飛ばして2.0にするかもしれません。
 現在の最新リリース版は0.9番台ですが、これはボタンクリックでコードを挿入する機能が実装できたら1.0にしようと考えていたからです。残念ながらいまだに実現できていません。クリックされたというイベントに連動させる方法がわからないのです。実現できたときのために、1.0は空けておこうかなと。

参考になりましたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
by WP-PostRatings
Loading ... Loading ...

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

HTML convert time: 0.236 sec. Powered by

Images is enhanced with WordPress Lightbox JS by Zeo