Google Crisis Response(Google)
災害に関する情報源や、行方不明者情報の収集と検索を行う『パーソンファインダー』を初めとするツールの提供が行われています。

2006年3月4日 土曜日

PHP で、クラス内関数をコールバック関数に使うには

Filed under: コンピューター
時間:12時38分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

 覚書です。

 PHP はコールバック関数という概念があります。よく使われるのは、array_map のような関数です。この関数は、配列の各要素にコールバック関数を適用します。

 第一引数にコールバック関数の名前を文字列として入れてやるわけですが、OOP(オブジェクト指向プログラミング)の場合はこの方法が使えません。クラスインスタンスが $obj だとすると、$obj->func() のようにする必要があります。インスタンスも含めた形で名前を渡す方法がずっとわからないままでしたが、先日 Koders というソースコード検索エンジンでやり方を見つけることができました。

 そのやり方ですが、文字列ではなく配列を使います。

array_map( array( $obj, 'func' ), $array);

 PHP4 で動くことを確認しました。

参考になりましたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
by WP-PostRatings
Loading ... Loading ...

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

HTML convert time: 0.262 sec. Powered by

Images is enhanced with WordPress Lightbox JS by Zeo