Google Crisis Response(Google)
災害に関する情報源や、行方不明者情報の収集と検索を行う『パーソンファインダー』を初めとするツールの提供が行われています。

2008年8月2日 土曜日

GeForce 9500GT 購入

Filed under: 自作パソコン
時間:18時17分
投稿者:よしとも
AddClips 経由でソーシャルブックマークに登録

 故障したビデオカードの交換品を買ってきました。せっかくなので、初物の GeForce 9500GT に。私の中では、今までで最も販売開始から購入までの日数が短いものとなりました

 物は GIGABYTE の GV-N95TD3-512H です。壊れたビデオカードは使用中の 8500GT と交換して、その代わりに今回購入したものを取り付けました。

 とりあえず開封レポート。

ボックスパッケージ

 ボックス。9500GT の中では大きいほうですね。縦2.6cm、横33cm、厚さ6cmです。

開封1

 中は白箱になっています。蓋を開けるとこんな感じ。一番上にマニュアルです。下にボード本体が見えています。

開封2

 マニュアルをどかしたところ。

開封3

 下側はボードを守るための緩衝材で占められていて、上側は細かい付属品が入っています。

マニュアル - 表表紙

 マニュアル。パッケージと同じCGイラストを使用したもの。間にCD-ROMが挟まっています。

 詳しい説明は英語と中国語のみで、そのほかに日本語を含む25ヶ国語での簡易的な説明があります。一般的なことがほとんどなので、詳しい人は読まなくても大丈夫そうです。

マニュアル - 裏表紙

 マニュアルの裏表紙。下のほうが少し折れてしまっていました。うーん・・。

付属品

 付属品。ボードの下の右から順に、TV-OUT 用らしき変換コネクタ、DVI to HDMI 変換コネクタ、DVI to D-sub 変換コネクタ。ボードの左、HDMI から音声出力させるときにサウンドコネクタとつなげるためのケーブル。

ボード本体

 やっと本体です。普通に袋に入っているだけ。長さは基盤部分で17cmです。

ボード - 表側

 表側。コンデンサはすべて固形コンデンサです。交換の理由が電解コンデンサの液漏れなので、これはちょっとうれしい。DVI・TV-OUT・SLI の4つのコネクタには樹脂製のカバーが付けられていました。

ボード本体 - 裏側

 裏側。シリアル番号はモザイク処理してあります。

ボード本体 - ファンのアップ

 クーラー部分のアップ。ファンサイズは8cmでしょうか。吸い込みと思われます。感覚的なものなので比較は難しいですが、私はうるさくは感じませんでした。

 次回は動作レポートをしたいと思います。

おまけ

 交換したビデオカードのコンデンサのアップ。型番は PX6600 TD。

膨らんだコンデンサ

 左側に縦に並んでいる3つが問題のコンデンサです。上の2つは液漏れしているところも写っています。写真ではわかりませんが、一番下も液漏れしています。

参考になりましたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 votes, average: 4.00 out of 5)
by WP-PostRatings
Loading ... Loading ...

2件のコメント »

  1. 次の結果が楽しみです。

    コメント by kase — 2008年10月15日 水曜日 @ 22時19分

  2. コメントありがとうございます。
    ベンチマーク記事はすでにありますのでご覧くださいませ(^^)
    2008年8月3日 日曜日[GeForce 9500GT 購入

    コメント by よしとも — 2008年10月18日 土曜日 @ 4時11分

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

HTML convert time: 0.368 sec. Powered by

Images is enhanced with WordPress Lightbox JS by Zeo